寮費を無料にしないと人材を確保できない業種はリスクがある?

寮費無料の定番アルバイトは新聞配達

寮費無料のアルバイトには、昔から新聞配達があります。大学生が新聞配達のアルバイトをする場合は、奨学金を受けながら行うことが多く、4年間は辞めることがないため雇い主としては安定雇用に繋がります。反面、4年間拘束される学生の立場からすると、土日祝日も業務があるため、彼女ができても旅行に行けないなど生活と青春が拘束されます。新聞を配達するだけが仕事ではなく、新規のお客様を探す、集金をするなど対面する業務も担います。

寮費無料でマッスル系の代表格は工場作業員

寮費無料のアルバイトでポピュラーなのは工場作業員です。工場作業員といっても、一定の期間だけ働く期間工クラスでないと寮に入ることは許されません。工場作業員だと食事や作業着が無給で支給されることが多く、お金を貯めやすい環境にあるため、地方からの出稼ぎ労働者の方にも人気があります。出稼ぎ労働者と聞くと、田舎に妻子を残して可哀想と感じる方が多いですが、昔から農業の閑散期には出稼ぎに出ることが多く、漁師が遠洋で長期間帰宅できないのと同じ感覚です。

女性であれば風俗店の寮が寮費無料

近頃は寮費無料のアルバイトに、風俗関係の職が多くあります。個人でマンション等の賃貸物件を借りる際には、職業や保証人などの記入が求められ、風俗店勤務では大家さんから敬遠されることが多く、風俗店では寮を完備しています。新聞店やパチンコ店の寮は、店舗の2階や1棟丸ごと寮として使用することが多いですが、風俗店の寮はマンションなどの1室を数人でシェア、人気の風俗嬢は1室を無料で借りられます。寮を確保する業種は人材確保が難しく、しかも寮費を無料にしてまで求人をするということに、アルバイトをする者はリスクを覚悟の上で働きましょう。

仕事を探す際、工場の求人を良く見かけますが、ライン作業は簡単に覚えられる職種も多いので、初めてのアルバイトにも向いています。

Post Author: admin